HIDEBOH(ひでぼう)はオネエ?結婚してる?タップがスゴイ!

HIDEBOH

(出典 https://www.google.com/)

タップダンサーのHIDEBOH(ひでぼう)さん。

ダンスの凄さにビックリです!

もしかしてオネエ?って噂もちらほらありますね。

でも、結婚してるとの話も・・・。

そんなHIDEBOH(ひでぼう)さんの噂について
調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル 大

HIDEBOH(ひでぼう)さんとは?出身地は?

HIDEBOH(ひでぼう)さんとは?
本名:火口 秀幸(ひぐち ひでゆき)さん。

栓年月日:1967年10月7日

出身地:東京都世田谷です。

所属事務所:よしもと

ちょっとビックリ!です。

よしもとのイメージって「芸人さん」って感じがしました。

HIDEBOH(ひでぼう)の芸名の由来は、小さい時の呼び名が
「秀坊」だったからだそうです。

タップダンスの秘密とは?

HIDEBOH(ひでぼう)さんのタップダンスを始めたきっかけは
お父さんがタップダンサーで、7歳から始めたそうです。

そして、1984年 17歳でインストラクターとして
タップを教える立場になります。

2年後の1986年頃から、本格的な修行時代に入り、
アメリカと日本を行き来するようになったそうです。

修業時代には、パパイヤ鈴木さん、芋洗坂係長など、
六本木のショークラブで出会います。

また、ブロードウェイダンスセンターのスタジオでは、
SAMさんと出会い、タップダンス以外のストリート系ダンスも
習っていたそうです。

その後、アメリカで有名なタップダンサーに出会いによって、
のちに振付師としても活動することになります。
HIDEBOH(ひでぼう)さんは、数多くの実績がありますが、
その一つとして、有名なのが、
2003年 北野武監督の「座頭市」の振り付け・出演です。

この映画によって、さらに注目をあびるようになりました。
日々の練習も、毎日2時間、大会の前は6時間ぐらい
練習しているそうです。

やはり毎日の積み重ねがこのようなすばらしい実力を
作っているのかもしれません。

HIDEBOH

(出典 https://www.google.com/)

オネエ?結婚してる?

HIDEBOH(ひでぼう)さんに、かかっている疑惑が
「オネエ」です。

メイクさんや、ダンサーの人って、そんな感じに
見られてしまうことがあるかもしれません。
HIDEBOH(ひでぼう)さんは、2011年3月にご結婚されています。

お子さんもいるそうです。

なので、HIDEBOH(ひでぼう)さんはオネエではないと思います。

奥さんの名前は、真奈美さんらしいです。

お子さんも、タップダンサーになるかもしれませんね。

まとめ

HIDEBOH(ひでぼう)さんについて調べました。

タップダンスの魅力を教えて頂いてるような気がします。

そのうち、お子さんとの共演もあるかもしれません。

まだまだ、今後も活躍されそうです。

Free Life通信

スポンサーリンク
レクタングル 大
レクタングル 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする