香嵐渓(こうらんけい)の紅葉(愛知県)と日帰り温泉まとめ

愛知県の紅葉の名所と言えば
「香嵐渓(こうらんけい)では
ないでしょうか?

壮大な紅葉に圧倒されます。

今回は、香嵐渓の紅葉の見頃や時期
ライトアップの期間、アクセスは?

そして、日帰り温泉情報などを
お届けします。

スポンサーリンク
レクタングル 大

香嵐渓(こうらんけい)とは?

香嵐渓1

香嵐渓(こうらんけい)の
紅葉(愛知県)は、
1634年(寛永11年)頃、
香積寺(こうじゃくじ)の
第11世住職:三栄和尚が
ズギやモミジの手植えしたのが
始まりとされています。

1本1本丁寧に植えたそうです。

これだけの見事な紅葉に
なっているのは、多くの方の
ご協力があります。

大正末期から昭和の初期にかけて
地元の住民のボランティアの人たちにより、
もみじの大植樹が行われました。
香嵐渓(こうらんけい)のもみじには、

・イロハモミジ

・オオモミジ

など、11種類約4000本が
植えられているそうです。

赤や黄色に色づく景色に
圧倒されます。

香嵐渓(こうらんけい)の見学は、
だいたい1時間ぐらいで一周できます。

ゆっくり紅葉を見て周るなら
2時間みておいたほうが良いでしょう。

4つの橋

香嵐渓には、
・巴橋(ともえばし)

・待月橋(たいげつきょう)

・薫楓橋(くんぷうきょう)

・香嵐橋(こうらんきょう)(吊り橋)

と、橋が4つあります。

巴橋(ともえばし)

巴橋
(出典 https://www.google.com/)

飯盛山のほとんどの全景を
見ることができます。

昼間の紅葉も素敵ですが、
夜のライトアップも幻想的で
オススメです。

待月橋(たいげつきょう)

待月橋
(出典 https://www.google.com/)

巴橋から待月橋(たいげつきょう)に
行く途中に

「もみじのトンネル」

があります。

もみじが背が高いので、
トンネルをくぐっているような
感じで楽しいです。

薫楓橋(くんぷうきょう)

薫楓橋1
(出典 https://www.google.com/)

三州足助屋敷
(さんしゅうあすけやしき)が
近くにあります。

この橋のたもとに
豆腐料理のお店

「薫風亭(くんぷうてい)」

があります。

朝つくる豆腐が人気です。

香嵐橋(こうらんきょう)(吊り橋)

香嵐橋
(出典 https://www.google.com/)

香嵐渓(こうらんけい)の中でも
人気のスポットです。

全長43.2m、幅1.8mの吊り橋です。

ここの紅葉は、比較的早めに色づきます。

香嵐渓の見頃・時期

紅葉の見頃:11月中旬~12月初旬
香嵐渓(こうらんけい)もみじまつりが
開催されます。

期間:11月1日(水)~11月30日(木)

期間中は、21:00までライトアップされます。

ライトアップ

(出典 https://www.google.com/)
【ライトアップ期間・時間】

期間:11月1日(水)~11月30日(木)

時間:日没~21:00

ライトアップされると、
昼とはまた違った幻想的な
景色が楽しめます。

毎年人気の

「竹灯りの香積寺」

竹灯りの香積寺
(出典 https://www.google.com/)
「願掛けろうそく」

願掛けろうそく
(出典 https://www.google.com/)
が、期間中の土日に開催されます。

時間:18:00~20:45

場所:香積寺山門内参道

香積寺への参道に竹灯りが
1000基並べられます。

「願掛けろうそく」は、
ガラスに入った蝋燭(ろうそく)を
巴橋近くの河原に800個並べます。

願掛けろうそくを購入すると、
河原に並べることもできます。

その他、紅葉のライトアップと
ジャズのステキな演奏のコラボも
あります。

他にも、もみじまつりの
イベントがたくさんあって
楽しめます。
また、11月11日(土)~11月30(木)までは、

愛知県環状鉄道
「八草駅」より香嵐渓(こうらんけい)を結ぶ
直行バス(約60分)が運行します。

電車で来る方もアクセスが便利になりますね。

混雑・渋滞は?

最も多い混雑・渋滞予想日は、

11月15(日)、

11月21日(土)、11月22日(日)

となっています。

名古屋鉄道東岡崎駅からの
バスは、土日・祝日の紅葉のピーク時は、
2時間以上かかる場合があります。

国道153線が大変込みます。

対策として、

・ライブカメラの画像を活用する

・県道豊田明智線(県道11号)

・県道久木金線(県道344号)

などに迂回しましょう。

アクセス情報

香嵐渓(こうらんけい)

【アクセス】

住所:愛知県豊田市足助町

TEL:0565-62-1272 足助観光協会

【電車】

名古屋鉄道
「東岡崎駅」バス約1時間10分
「香嵐渓(こうらんけい)」下車すぐ

名古屋鉄道
「浄水駅」バス約1時間
「香嵐渓(こうらんけい)」下車すぐ
【車】

猿投グリーンロード力石ICから約15分

東海環状自動車道
豊田勘八ICから約20分
【駐車場】

常時駐車場と
臨時駐車場があります。

有料になります。

香嵐渓(こうらんけい)温泉 日帰り

香嵐渓(こうらんけい)を見学した後に
寄れる日帰りの温泉をご紹介します。

白鷺温泉白鷺館(しらさぎかん)

白鷺温泉

(出典 https://www.google.com/)

香嵐渓から車で5分ほどの
ところにあります。

100%天然温泉です。

料金は、800円。

懐かしい時代に
タイムスリップしたような
落ち着いた雰囲気です。

効能は、筋肉痛、疲労回復、関節痛など。

昼間の疲れが、回復します^^

公式サイト

紫翠閣とうふや(しすいかく)

紫翠閣とうふや

(出典 https://www.google.com/)
香嵐渓から車で30分の
ところにあります。

料金は、1000円。

笹戸温泉は、少しぬめりのある
お湯が特徴です。

疲労回復、筋肉痛、冷え性など、
また、きりきず、やけどなどにも
効能があります。

大浴場と露天風呂があり、
景色を見ながらゆっくり温泉に入れます。

公式サイト

猿投温泉 金泉の湯(さなげおんせん)

猿投温泉 金泉の湯
(出典 https://www.google.com/)

香嵐渓から車で40分

料金は、大人:1500円 小人:1000円。

タオル、バスタオル、石鹸、シャンプーが
完備されています。

身体の正常化作用があります。

皮膚の毛穴を通じて成分が
ゆっくりと取り込まれます。

源泉を一人10リットルまで
持ち帰りができます。

公式サイト
ご紹介した日帰り温泉は、宿泊もできます。

まとめ

愛知県の紅葉の名所
「香嵐渓(こうらんけい)」に
ついてお届けしました。

壮大な景色の紅葉も見事です。

夜に行われる

「竹灯りの香積寺」

「願掛けろうそく」

もまた神秘的な感じがします。

紅葉を楽しんだ後は、
ゆっくり温泉に入って
疲れをとるのも良いですね。

最後までご覧頂きまして
ありがとうございました。