【半分、青い。】律の大学のロボットの先生役:塚本晋也のWikiや経歴は?

塚本晋也

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い」。

律の大学のロボット工学の先生・
宇佐川教授役を
演じているのは

「塚本晋也さん」です。
(つかもと しんや)

映画監督、俳優さんです。

どんな方なのか?

Wiki風プロフや経歴をまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル 大

塚本晋也(つかもと しんや)さんのWiki風プロフィール

・名 前:塚本晋也(つかもと しんや)

・生年月日:1960年1月1日

元旦生まれなんですね!

・出身地:東京都渋谷区

・学 歴:日本大学芸術学部卒業

現在は、多摩美術大学
造形表現学部映像演劇学科の
教授もされてます。

経歴は?

塚本晋也(つかもと しんや)さんは、
小さいころから見ていたウルトラQに
衝撃を受けて、中学時代から自主映画を
作っていました。

また、お父さんの影響で小さいころから
絵を描くことも好きだったそうです。

ほとんどの映画作品で、自ら美術も
手がけてるそうです。

中学時代には、8ミリフィルムで映画製作、
高校時代は、4本の映画を製作し、
シネマフェスティバルで入賞を果たします。

高校生で入賞ってスゴイですね!

大学入学後は、映画の製作より
演劇に夢中になり劇団を主催します。

そして、大学卒業後は、
CM制作会社に就職。

仕事と演劇活動を続けますが、
両立が大変で、入社4年で会社を退職します。

その後、1985年劇団「海獣シアター」を結成し、
3本の芝居を興行します。

翌年、1986年 映画制作を再会します。

【監督作品の主な代表作】

1988年 「電柱小僧の冒険」

※「PFFアワード」のグランプリを獲得

1989年 「鉄男」

※「ローマ国際ファンタスティック映画祭」の
グランプリを獲得

この「鉄男」は海外でも評価が高く、
シリーズとして

1993年 第2作「鉄男II BODY HAMMER」

※世界40以上の映画祭に招待されました。

2010年 第3作「鉄男 THI BULLET MAN」

も公開されてます。

2015年「野火」は、監督だけでなく、
自ら俳優として出演されてます。

塚本晋也さんは、自ら
(つかもと しんや)

・製作
・監督
・脚本
・撮影
・美術
・編集
・出演

を兼ねる作品が多いそうです。
スゴイですね!

また、他の監督作品でも
俳優として出演されてます。

2010年 テレビ NHK「ゲゲゲの女房」

2016年 映画「シンゴジラ」

などがあります。

結婚してるの?嫁は?

塚本晋也(つかもと しんや)さんは
結婚されてるのでしょうか?

調べてみたのですが、結婚は
されてるようです。

奥さんは、詳細な情報が
ありませんでした。

多分一般の方のようです。

子供さんは?

息子さんが1人いらっしゃるようです。

画像や名前などの情報は
見つかりませんでした。

まとめ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い」。

律の大学のロボット工学の先生・
宇佐川教授役を演じている

「塚本晋也(つかもと しんや)」さん

についてお届けしました。

映画監督、俳優さんとマルチな方で
ビックリです!

これからもどんどんステキな作品を
作って頂きたいです。

これからのすずめと律の展開も
ワクワクします。

音楽が懐かしくて、毎回楽しみです。

最後までご覧頂きまして
ありがとうございました。