室屋義秀エアレースのWikiは?家族は?経歴まとめ

室屋義秀

(出典 https://www.google.com/)

レッドブル・エアレースパイロット
室屋義秀(むろや よしひで)さんが、
『みらいのつくりかた』に
出演します。

どんな方なのか?ご家族は?
どのようにしてレッドブル・エアレースの
パイロットになったのか?

調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル 大

室屋義秀(むろや よしひで)さんのWiki風プロフィール

・名 前:室屋義秀(むろや よしひで)

・生年月日:1973年1月27日 44歳

・出身地:奈良県

・学 歴:中央大学文学部

・家 族:奥様と3人の娘さんが
いらっしゃいます。

経歴は?

アムロ・レイ

(出典 https://www.google.com/)

室屋義秀さんは、幼少時代

「機動戦士ガンダム」の
主人公:アムロ・レイに
憧れてパイロットを目指します。

中央大学入学後に、航空部に所属し
グライダーで飛行訓練を開始します。

1993年 20歳で渡米し、
飛行機のライセンスを取得。

最高峰の飛行技術を見て、
本格的なエアロバティックスの
訓練を開始します。

1997年 再び渡米 ランディ・ガニエさんの
もとで訓練を積みます。

その後自身初の協議会にも臨み、
アドバンスクラス世界選手権で
日本代表に選ばれ、翌1998年
日本でエアショーの活動を開始します。

2002年 現在活動のエアショーチームを
立ち上げ。

2003年 アンリミテッドクラス世界選手権
出場。

同年 NPO法人 ふくしま飛行協会を
設立します。

初優勝は?

室屋義秀

(出典 https://www.google.com/)

室屋義秀さんの初優勝したのが、

2016年 千葉県美浜区幕張海浜公園で
開催されたレッドブル・エアレースの
第3戦です。

日本人として初優勝を果たしました。

また、2017年にもサンディエゴで開催された
シーズン第2戦も優勝、

第3戦 千葉大会でも優勝、

ホームでの2連覇及び2連勝を果たしました。

室屋義秀さんは、本も出版されています。

「翼のある人生 SKY IS THE LIMIT」

レッドブル・エアレースでアジア人
唯一のパイロット

初の自叙伝です。

操縦技術世界一を目指して、
幾多のドン底から這い上がった、
夢を諦めない思いが詰まっています。

まとめ

室屋義秀(むろや よしひで)さんに
ついてまとめました。

レッドブル・エアレースは、
見ると本当に迫力があります。

それを操縦するのは、並大抵のことでは
ないと思います。

「操縦技術世界一」を目指して
まだまだ、室屋義秀さんの戦いは続きます。

最後までご覧頂きまして
ありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル 大
レクタングル 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする