【サーフィン】五十嵐カノア選手のWikiは?両親や弟は?

サーフィンの五十嵐カノア選手が
世界最高峰の戦い、
チャンピオンシップツアーで
日本人として、初めて優勝しました!

イケメンの五十嵐カノア選手の

・Wikiプロフィール

・ご両親や弟さんについて

・経歴

・五十嵐カノア選手のランキング

などについてまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル 大

五十嵐カノア選手のWiki風プロフィール

・名 前:五十嵐カノア(いがらし かのあ)

・生年月日:1997年10月1日

・出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州

・身 長:180cm

・体 重:70kg

・所 属:木下グループ

「カノア」という名前には、
ハワイ語で「自由」という意味が
あるそうです。

素敵な名前ですね。

五十嵐カノア選手は、
語学も堪能で

日本語の他にも

・英語

・ポルトガル語

・スペイン語

・フランス語

と5カ国語が
話せるそうです。

高校は2年飛び級の15歳で卒業しました。

サーフィンに語学堪能と
スゴイ方ですね!

両親や弟は?

【サーフィン】五十嵐キヌア選手

引用

五十嵐カノア選手のご両親は、
2人とも日本人です。

サーフィンのための環境を
考えて、東京から
カリフォルニアに渡りました。

お二人ともかつてはサーファー
だったそうです。

五十嵐カノア選手には、
弟さんもいて

「キヌアくん」と言います。

カノア選手に似てますね。

彼もサーフィンをしていて、
2018年では、地区のジュニアクラスで
4連勝したそうです。

これからの活躍が楽しみです。

一家でサーファーなんて、
カッコ良いですね。




五十嵐カノア選手の経歴は?

五十嵐カノア選手は、
3歳の時にサーフィンを
始めます。

6歳でローカルコンテストで
優勝し、才能を発揮します。

当時のコーチに見出され、
最年少の9歳で、USAチームに
入ります。

2010年、12歳の時に全米タイトルを獲得。

2011年にプロに移行します。

2012年 13歳の時に、21歳以下の
プロジュニア(DNAエナジープロ)で
初優勝!

2013年 最年少14歳で
「USA Championsip」の
18歳以下のクラスで優勝!

など、数々のタイトルを獲得しています。

ランキングは?

【サーフィン】五十嵐カノア選手

引用

五十嵐カノア選手の世界ランキングは、

2016年 総合ランキング20位

2017年 総合ランキング17位

2018年 総合ランキング10位

予選リーグとなるQSでは、

「総合ランキング1位」

となっています。

サーフィンでは、
「CT」「QS」などが多く使われます。

「CT」は、WCT(World Championship Tour)」
ワールドチャンピオンシップの略で
世界最高峰のワールド・ツアーです。

「QS」は、「WQS(World Qualifying Series)」
の略で、CTの二次リーグと呼ばれています。

CT入の資格を得るには、QSに参戦し、
年間ランキングでは、

・メンズ:トップ10,

・ウイメンズ:トップ6

に入らなければなりません。

イベントのグレードごとに
獲得ポイントも異なります。

CTに参加できるサーファーは
とても狭き門です。

勝ち抜いて、優勝するのは
とてもスゴイことなんですね。

まとめ

・五十嵐カノア選手のWiki風プロフィール

・両親や弟は?

・五十嵐カノア選手の経歴

・ランキング

についてお届けしました。

サーフィンも語学も堪能な
五十嵐カノア選手。

サーフィンは、
2020年の東京オリンピックの
競技種目としても採用されました。

開催される場所は、

千葉県長生郡一宮町にある

「釣ヶ崎海岸サーフィンビーチ」です。

「世界最高レベル」とも言われる
良質な波を求めて、多くのサーファーが
集まる海岸です。

五十嵐カノア選手の活躍が
目の前で見られるかもしれません。

最後までご覧頂きまして
ありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル 大
レクタングル 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする