上田瑠偉(るい)選手トレイルランニングのwikiは?経歴まとめ

上田瑠偉

(出典 https://www.google.com/)

上田瑠偉(るい)選手が、2017年8月17日の
「みらいのつくりかた」に出演します。

トレイルランニングの選手として
活躍中ですが、プロフィールや
経歴などをまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル 大

上田瑠偉(るい)選手のWiki風プロフィール

・名 前:上田瑠偉(うえだ・るい)

・生年月日:1993年10月28日 24歳

・出身地:長野県大町市

・身 長:170cm 体 重:59キロ

・学 歴:佐久長聖高校 駅伝部

早稲田大学 陸上同好会


上田瑠偉選手の名前は
ラモス瑠偉選手」から
頂いたようです。

お父さん自身もサッカー経験者で、
ラモス瑠偉選手の
大ファンだそうです。

経歴について

上田瑠偉
(出典 https://www.google.com/)

上田瑠偉(るい)選手は、
少年時代は、お父さんの
サッカーチームに所属します。

体力づくりで始めた陸上で、
どんどん記録が伸びて
佐久長聖高校の監督に
スカウトされたそうです。

高校では、チームの
キャプテンを務めますが、
怪我が多く苦しみます。

早稲田大学では、
箱根駅伝を目指しますが、
純粋に走ることを楽しみたいと、
陸上競技同好会に入ります。

その後、トレイルランニングと出会い、
2014年10月のハセツネでは驚異的な
大会新記録で優勝します。

ハセツネというのは、
日本山岳耐久レースの略で、
歴史のある大会です。

東京奥多摩城を走る総距離 71.5キロ、
累積標高差4.582mの山岳レースです。

制限時間は24時間ですが、
トップランナーは、
7時間前半でゴールします。

2014年の大会で優勝した
上田瑠偉(るい)選手の記録が、
7時間01分13秒でした。

ホントスゴイ選手ですね!

トレイルランニングについて

上田瑠偉(るい)選手を知るまで
トレイルランニングについて
ほとんど分からずだったので、
どんなレースなのか?調べてみました。

トレイルランニングとは?

陸上競技の中距離走の一種です。

舗装路以外の山野を
走るレースで、
山岳レースとも言われています。

不整地を走るランニングスポーツは
クロスカントリー」もあります。

違いとして、

・クロスカントリー:
ほとんど装備を持たない

・トレイランニング:
専用の小型リュックに
必要な装備を入れて走る。

などがあります。

リュックを背負って
山岳地帯を走るって
スゴイことですね。

沢山足腰を鍛えないと
ケガしてしまいそうです。

大会について

UTMB
(出典 https://www.google.com/)

トレイルランニングの大会は、

ウルトラトレイユ(100km以上)の大会、
100km未満の大会など。

海外を始め、日本でも多くあります。

海外では、
100km以上のウルトラトレイルは、

「ウルトラトレイル・ワールドツアー
(UTWT)」

が、エリートランナーの
主な大会となっています。

その中でも
「UTMB(ウルトラトレイル・
デュ・モンブラン)」
注目されています。

毎年フランスで8月に行われるレースで、
アルプスの最高峰モンブランを取り巻く
フランス、スイス、イタリアにかかる
山岳地帯を走るレースです。

169.4km 累積標高差9,889m

制限時間46時間30分です。

日本では、

「ウルトラトレイル・マウントフジ
(UTMF)」

168km 累積標高差は約9,500m

制限時間は46時間も入っています。

まとめ

上田瑠偉(るい)選手は、

トレランの魅力について

1,達成感

2,爽快感

3,景色

4、繋がり

だそうです。

これからの、上田瑠偉(るい)選手の
活躍を応援させて頂きます。

最後までご覧頂きまして
ありがとうございました。