舞茸の粉末が万能!栄養や効能は?効果的な使い方まとめ

舞茸

舞茸は最近テレビでも放送され、
料理にも手軽に使えて
栄養や効能も豊富で人気です。

今回は、簡単・便利に
使える「舞茸の粉末」について

・栄養や効能

・効果的な使い方

などをまとめました。

参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル 大

舞茸の栄養や効能は?

舞茸には、どんな栄養や
効能があるのでしょうか?

舞茸の栄養や効能

・食物繊維:βーグルカン

舞茸には、不溶性食物繊維の
βーグルカンが含まれています。

体内で腸の働きをサポートし、
腸内環境を整えてくれる
効果が期待されています。

便秘気味の方をサポートします。

・ナイアシン

ナイアシンは、タンパク質、脂質、
体水化物の代謝をサポートする
栄養素です。

皮膚や、粘膜を美しく保ち、
肌荒れを予防するなど、
美肌ケアをサポートします。

きのこ類には、ナイアシンが
多く含まれているのですが、
舞茸はその中でもトップクラスの
含有量です。

・エルゴステロール

エルゴステロールは、
最近の研究では、
腫瘍の成長を抑制する働きが
あると報告されました。

ガンの抑制効果が期待されています。

エルゴステロールは、
太陽の光を浴びると、

「ビタミンD」に変化します。

ビタミンDは、
歯や骨を作る、カルシウムの代謝を
サポートする働きがあります。

・MD-フラクション

MD-フラクションは、
舞茸にのみ含まれる特有の
栄養素です。

異常な細胞を除去し、
免疫力を高める効果が
期待されています。

・MX-フラクション

MXーフラクションは
体内のコレステロール・脂肪を
分解する働きがあります。

基礎代謝がアップし、
老廃物の排出がスムーズになる、

太りにくい体質へと
サポートします。

舞茸のカロリーは?

舞茸は、100グラムで16kcal
低カロリーです。

安心して食べられますね。




舞茸粉末の効果的な使い方は?

舞茸は粉末やパウダーにする場合、
作っても良いし、通販でも
販売されています。

作る場合、舞茸を乾燥させ、
ミキサーで細かくします。

その場合の保存期限は、3~4日です。

毎回作る時間がない方は、
市販の粉末が便利です。

保存期間は、約半年~1年
なっています。

舞茸の粉末の効果的な使い方として

・味噌汁・ジュース・スープに入れる

・料理に入れる

・お茶にして飲む

・そのまま水と一緒に飲む

など、いろいろ使えます。

舞茸粉末の容量は、1日3~5g
(小さじ1杯ぐらい)
が目安です。

>>舞茸の粉末一覧はこちら<<

舞茸をさらに手軽に摂れる、

・ティーバッグに入った舞茸茶

・舞茸サプリ

などもあります。

まとめ

・舞茸の栄養や効能

・舞茸粉末の効果的な使い方

などご紹介しました。

栄養豊富な舞茸

上手に毎日摂って美容・健康に
役立てたいですね。

最後までご覧頂きまして
ありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル 大
レクタングル 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする