きくらげの戻し方の早い方法は?効能は?デメリットはあるの?

きくらげは、
栄養価の高い食材として
最近注目されています。

見た目と名前から
海の食材と思われる方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

実はキクラゲは
きのこの仲間で、漢字で書くと

「木耳」

と書きます。

そんなキクラゲを手軽に摂る方法として、

・乾燥きくらげの戻し方の早い方法

・きくらげの戻す時の注意点

・手軽に摂取するには?

・きくらげの効能やデメリット

などについてまとめました。

参考にしてください。

スポンサーリンク
レクタングル 大

乾燥きくらげの戻し方の早い方法は?

きくらげ

レンジで加熱する

耐熱容器に乾燥きくらげを
水に入れて、レンジで1分ほど
加熱します。

水が沸騰するので、
容器は深めのものにしましょう。

また、取り出す時は
熱くなっていますので、
気をつけてください。

ぬるま湯で戻す

ボールに乾燥きくらげを
30℃ぐらいのぬるま湯に
15~30分位入れます。

柔らかくなったらOKです。

ラップをかけると
さらに時間を短縮できます。

このぐらいの時間なら、
調理のちょっと前に用意できますね。

冷水で戻す

乾燥きくらげを軽く洗って、
冷水に入れ
約6時間つけます。

夜寝る前につけておくと、
朝戻ってますね。

きくらげは水で戻すと
約7倍に膨らみます。

戻しすぎた場合、
冷凍すると、約1ヶ月
保存ができます。

食べやすい大きさにカットしておくと
次は凍ったまたすぐに使えて便利です。

栄養豊富な戻した汁は
お茶にすることできます。

きくらげの戻し汁で栄養たっぷりな
お茶を作ってみませんか?

先日テレビの

「梅沢富美男のズバッと聞きます!」

で、フードコーディネーターの
マロンさんがご紹介していた
きくらげ茶の作り方です。

【材 料】

・レモン

・はちみつ

・戻し汁

【作り方】

1,お鍋に戻し汁を入れて、
香りが出るまで加熱します。

2,はちみつとレモンを入れたらOKです。

きくらげの戻し汁は、
ビタミンB群が溶け出しています。

ビタミンBが多いと、
皮膚が活性化し、代謝が良くなって
美肌効果につながるそうです。

きくらげの戻し方の注意点は?

※お湯で急速に戻すと、きくらげの
細胞壁が傷ついて、旨味成分、多くの
栄養素が流れてしまいます。

できれば冷水をおすすめします。

※きくらげを戻す時は、
砂糖をひとつまみ入れてください。

乾物全体に言えることですが、
砂糖を少し入れることで、
固くなった乾物がふっくらと
柔らかくなるそうです。

その理由として、
砂糖は保湿性が強いです。

砂糖が水を蓄えて
きくらげが柔かくなるので、

「美味しくなる!」

と言われています。




きくらげを手軽に毎日取るには?

栄養価の高いきくらげですが、

手軽に毎日取るには、

乾燥きくらげ

きくらげ茶

きくらげふりかけ

きくらげ粉末・パウダー

などがあります。

料理できくらげを使わない時でも
毎日工夫して取り入れたいですね。

きくらげの効能は?デメリットはあるの?

きくらげ

きくらげはどんな栄養素が
あるのか?調べてみたところ

・鉄分が豊富

血液をきれいにして、血に栄養を与える。

・美肌効果

シワ・たるみ・乾燥肌を防止する。

・食物繊維が豊富

肥満防止や便秘を解消する。

など、きくらげは女性に嬉しい
美容やアンチエイジングに
ぴったりの食材なんですね。

また、生活習慣病の予防にも最適です。

そんなきくらげは、効能のデメリットとして

「摂取のしすぎに注意しましょう!」

きくらげは、食物繊維が豊富です。

食材の中でもトップクラスで
ごぼうの約8倍も含まれています。

とりすぎてしまうと便秘や腹痛を
起こす可能性があります。

一日に食物繊維の目標摂取量は、

成人男子では、20g以上、

成人女子では、18g以上です。

また、きくらげは、
ビタミンDも豊富です。

取りすぎてしまうと、

・血管壁

・腎臓

・心筋

・肺

などにカルシウムが沈着し、
腎機能障害、食欲不振・嘔吐
などの症状が現れることがあります。

適量が大事ですね。

まとめ

きくらげの戻し方、
種類、効能などに
ついてお届けしました。

きくらげの栄養を逃さない
調理法は「特にありません」、

きくらげの栄養素、
「食物繊維」や「ビタミンD」は、
熱に強く、水溶性も低いです。

ゆてでも、炒めても、
栄養が逃げにくくなっています。

美容、老化予防、ダイエットにも
注目されている「きくらげ」。

積極的に取り入れたい食品ですね。

最後までご覧頂きまして
ありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル 大
レクタングル 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする