鉄道博物館(てっぱく)大宮のランチは?人気のお土産まとめ

埼玉県大宮の
鉄道博物館(てっぱく)。

大人気ですね。

子連れで行ったらランチが
食べられるところが気になります。

今回は、ランチを食べられる場所や
購入できるところ。

また、人気のお土産などもご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル 大

ランチはお弁当又はレストランで

お昼は、館内のレストランで食事をしたり、
駅弁も販売されています。

また、家からお弁当を持参してもOKです。

1Fの
・183ランチトレイン、
・455ランチトレインで、
子供さんに向けに鉄道車両のお弁当も
販売されています。

大人向けには、駅弁があります。

土日祝は、10:30から
平日は、11:00からやってます。

人気のお弁当は、すぐ売り切れに
なってしまったり、
土日祝の混雑時のお昼時は、
長蛇の列になることもがあります。

入館したら早めの購入をオススメします。

新幹線などの駅弁のお弁当の
容器は持ち帰りできるので、
お土産になりますね。

お弁当を食べられる場所は?

駅弁など、お弁当を買ったら
車両の中で、食べられるところが
2か所あります。

ランチトレイン(1F)

ランチトレイン

引用

1F車両ステーションの展示の奥に
183系特急が2両置かれています。

ホンモノの電車の座席に座って
お弁当が食べられます。

ランチトレイン(1F) (フレンドリートレイン)

1F、てっぱくラインの【中央駅】
のそばに、急行の455系がランチ用として
解放されています。

※団体客が使用する場合は、
一般客は使えなくなります。

3Fのビューデッキ

窓側に座ることができれば、
新幹線が次々と走っていくのが
見れます。

屋上

ピクニック気分でお弁当を
食べられます。

※日陰が少ないので、
熱中症に気を付けてください。

てっぱく広場

レジャーシートを広げながら
お弁当を食べることができます。

※3Fの屋上と「てっぱくひろば」は、
2018年7月4日までリニューアル工事のため、
閉鎖中です。

レストランは?

レストランは、2か所あります。

1F キッズカフェ

ボリューム満点の
てっぱくバーガーなど
オリジナルメニューが
豊富です。

気軽にくつろげます。

2F トレインレストラン日本食堂

食堂車をテーマとした
高級感のあふれるレストランです。

落ち着いた雰囲気で贅沢な
メニューが味わえます。

人気のお土産は?

鉄道博物館(てっぱく)大宮の
人気のお土産をご紹介します。

石炭あられ

石炭あられ

引用

見た目が黒くて
ちょっとビックリ!
しますが、
味は醤油味で美味しいです。

ホットな唐辛子味の
「燃える石炭あられ」も
あります。

北海道新幹線はやぶさ(H5系)スプーン・フォーク

北海道新幹線はやぶさH5系スプーン・フォーク.

引用

このスプーンやフォークを
使うと、嫌いなものでも
食べてくれそうです。

はやぶさ弁当

はやぶさ弁当

引用

いろいろな車両のお弁当があります。

お弁当を食べた後、そのまま
容器を持ち帰るとお土産になります。

他にも電車型の靴下や、お箸などの
お土産も あります。

沢山ありますので、迷ってしまいそうです。

鉄道博物館(てっぱく)大宮のアクセスは?

【アクセス】

住所:埼玉県さいたま市大宮区大成町3丁目47番

TEL:048-651-0088

営業時間:10:00~18 :00

休館日:火曜日・年末年始
(火曜日開館日もあります。)

駐車場:有り1日:500円

※2018年7月5日から
1日:800円になります。

※ナビで検索する場合、
住所では表示されない場合があります。
その場合は、「大成駅」で
検索してください。

専用の駐車場は、「P1」のみに
なっています。

291台収容です。

駐車場は、9:00から開きます。

平日は余裕で入れますが、シーズンや
土日・祝日になると10:00の開館に
合わせていくと、1時間以上も待って
しまうこともあるので、ご注意ください。

電 車:JR大宮駅より
ニューシャトル
「鉄道博物館(大成駅)」下車 徒歩1分

公式サイト:鉄道博物館・大宮

まとめ

鉄道博物館(てっぱく)大宮の
ランチは、お弁当又はレストランで
頂くことができます。

家からお弁当を持参できるところも
良いですね。

せっかくなら、お弁当を
電車の中で食べるのも
楽しめますね。

土日・祝日は、混雑しますので、
早めのランチをオススメします。

お土産も沢山種類があるので、
お気に入りを見つけてください。

最後までご覧いただきまして
ありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル 大
レクタングル 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする