花粉症対策に効くお茶の種類とその効果・特徴まとめ

インフルエンザ 予防 お茶

花粉症対策にお茶が効果的なのでは?と聞いたことがある方も多いと思います。

その理由として、花粉症の症状「くしゃみ・鼻水・目のかゆみ・痛み」などの辛い症状は過剰に分泌される「ヒスタミン」によって引き起こされます。

緑茶に含まれる成分のポリフェノールの一種「カテキン」。

カテキンは、お茶の渋みの成分ですが、このカテキンが花粉症の原因であるヒスタミンを抑制する働きがあります。

花粉症の症状に効果的なお茶が「甜茶(てんちゃ)」「べにふうき緑茶」です。

スポンサーリンク
レクタングル 大

花粉症予防に飲むと効果的なお茶「甜茶(てんちゃ)」

「甜茶」とは?

中国茶の一種で甘いお茶の総称を指します。

花粉症に効果的とされているのが、その中でもバラ科の甜茶です。

甜茶だけに含まれる「甜茶ポリフェノール」が、ヒスタミンなどの化学物質を抑制する効果があります。

「甜茶」の飲み方とは?

花粉が飛ぶ2週間以上前から飲み始めるのが効果的と言われています。

1日3回(朝・昼・晩)と、1日中甜茶の血中濃度を上げておくために、飲むのが良いそうです。

甜茶は、カフェインが含まれていないため、花粉症の妊婦さんや、授乳中のお母さんでも安心して飲むことができます。

「甜茶」は味が甘いので、最初はビックリするかもしれません。

その場合は、お湯の量を調節して、少しずつ慣れていきましょう。

子供さんでも安心して飲めるバラ科の甜茶
えぞ式すーすー茶

花粉症の時に飲むと効果的なお茶「べにふうき緑茶」

「べにふうき緑茶」とは?

花粉症にかかっている最中に飲むと特に効果的なのが、即効性のある「べにふうき緑茶」です。

ただし、効果がある人とない人といるようです。

効果がある人には、鼻水が止まるそうです。

花粉症の症状を引き起こす「ヒスタミン」は、「lge抗体」を放出するものです。

その抗体を抑制できるのが「メチル化カテキン」で、この成分は、なんと「べにふうき」しか含まれていないそうです。

全ての花粉症の方に「べにふうき緑茶」が効くわけではないのですが、即効性があり、飲んで30分すると効果の出る人には、鼻水が止まるそうです。

 「べにふうき緑茶」の飲み方は?

「べにふうき緑茶」お茶なので、副作用もなく、眠くなることもありません。

効果が持続するのは、5~6時間と言われています。

1日3回ぐらい飲むと良いかもしれません。

花粉症のお子さん、妊婦さん、授乳中のママさんでも安心して飲むことができます。

「べにふうき緑茶」
べにふうき

まとめ

花粉症対策のお茶は、種類によって、花粉症を予防するもの。また、花粉症の症状が出ている時に飲むものなどがあります。

薬だと眠くなってしまう場合がありますが、お茶は副作用もなく、眠くなることもないのが良い点だと思います。

またお子さんや、妊婦さん、授乳中のママさんも安心して飲むことができます。

お茶のパワーを借りて、花粉症の症状を和らげましょう。

スポンサーリンク
レクタングル 大
レクタングル 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする