食中毒の種類は?予防と対策、症状についてまとめ

食中毒 予防 対策

食中毒は梅雨から夏にかけて、気候が暖かくなり、湿気が多くなる季節に増殖が活発になります。

食中毒予防の3原則「つけない」「増やさない」「やっつける」で、しっかり食中毒の対策をしましょう。

食中毒の種類、予防と対策、食中毒の症状についてまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル 大

食中毒の種類

「食中毒」は、梅雨から夏にかけて発生しやすく、気候が暖かく、湿気が多くなる時季に増殖が活発になります。

食肉に付着しやすい「O-157」、「カンピロバクター」、食肉の他卵にも付着する「サルモネラ」などがあります。

食中毒の予防の3原則

食中毒の予防は、食中毒菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」の3大原則を厚生労働省は掲げています。


・「つけない」・・・手を洗う・分ける

食中毒のウイルス、原因菌を食べ物につけないように、こまめに手を洗いましょう。

包丁やまな板など、調理するごとに洗剤で洗い、できるだけ殺菌しましょう。

・「増やさない」・・低温で保存する。

殺菌の多くは、10℃以下で、増殖のペースがゆっくりなります。

マイナス15℃以下で増殖が停止します。

肉・魚・野菜などの生鮮食品は、冷蔵庫に入れて保存してください。


・「やっつける」・・・加熱・殺菌処理ほとんどの細菌・ウイルスは、加熱によって死滅します。

加熱をしてから食べましょう。

また、肉や魚・卵などを扱った調理器具は洗って熱湯をかける、台所洗剤を使って殺菌しましょう。

食中毒の症状

食中毒 症状

食中毒の症状は、主に腹痛や下痢、嘔吐や吐き気などがあります。

細菌・ウイルスが体内に入った1~2日後に起こります。

細菌の種類によっては、潜伏期間もいろいろあり、食後30分程度、また、1週間ぐらいたってから起こるものもあります。

食中毒の症状・・・嘔吐や下痢などが見られたら早めに受診しましょう。

まとめ

食中毒は、梅雨から夏にかけて気候が暖かく、湿気が多くなる時季に増殖が活発になります

種類は、「O-157」、「カンピロバクター」「サルモネラ」などがあります。

食中毒を予防するには、「つけない」「増やさない」「やっつける」の3原則が大切です。

症状は、急に腹痛や、下痢、嘔吐や吐き気などがあります。

症状が見られた場合、早めに医療機関に受診しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル 大
レクタングル 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする