日焼け対策グッズ・食べ物・日焼け後のケアまとめ

紫外線が強くなってくる季節になりました。

日差しが強い日でも、出かけなければならない・・・。

でも、日焼けしたくない・・・。

日焼け対策グッズ、予防する食事、そして日焼けしてしまった後のケアをまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル 大

日焼け対策グッズ ランキング

紫外線は、雨の日でも受けるのをご存知でしょうか?

晴れの日に比べて、雨の日の紫外線の量は、30%程度になります。

日焼けしないように、日々対策をして気をつけましょう。

用意すると便利な人気の日焼け対策グッズをまとめました。

※楽天のランキングになってます。

【頭】

・帽子

【目】

・サングラス

【顔】

・フェイスマスク

・マスク

【腕】
・アームカバー

・手袋

【体】
・パーカー


・カーディガン

お気に入りを見つけて、日焼け対策してください。

日焼け対策「noUV(ノーブ)」飲む日焼け止め 

日焼け対策と言えば、最近では飲む日焼け止めも人気です。

その中でも注目されているのが「noUV(ノーブ)」です。

「国産」で、かつ「美容クリニックドクター監修」のもとで作られました。

「必要な時だけに服用できる」安全なUVカットサプリメントです。

1粒・約2時間(30分前に飲用)

※個人差があります。1回の摂取目安量:1粒、

1日1~3粒を目安に水などと一緒に飲みます。

「noUV(ノーブ)」は、通販では、楽天、アマゾン、公式サイトで販売されています。

「noUV(ノーブ)」公式サイト

楽天「noUV(ノーブ)」

Amazon(アマゾン)「noUV(ノーブ)」

日焼け対策をする食べ物

日焼け 対策 食べ物

外からの日焼け対策も重要ですが、「内側からのケア」も大切です。

紫外線に対抗する食べ物を取ることで、日焼け対策になります。

日頃から摂取することで、美と健康につながります。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは、健康な肌を保つために必要な栄養素です。

紫外線による影響を和らげる対策が期待できます。

具体的な食べ物として、「トマト」です。

トマトは、ビタミンA・C・Eが豊富です。

中ぐらいの大きさのものを1日2個食べることで、1日の必要量の半分以上がとれます。

トマトに含まれる「リコピン」。

ビタミンEと一緒に摂ることで、さらに効果が高まります。

トマトは、加熱すると身体への吸収が高まります。

オリーブオイルでトマトを炒めて食べると良いでしょう。

日焼け後のケア(スキンケア・食べ物)について

日焼け後のスキンケア

日焼けしてしまった後は、まずスキンケアをしましょう。

1,冷やす

日焼けしてしまったら、まず炎症を抑えましょう。

ほてっている部分、赤くなってしまった部分を

・冷たいタオル

・シャワー

・保冷剤

・ビニール袋に氷を入れてタオルで包んだもの

などで冷やしましょう。

2,保湿

肌が痛む場合は、化粧水を使わず、【ワセリン]の軟膏を塗りましょう。

※水疱ができて肌の状態がひどい場合は、皮膚科で診てもらったほうが良いかもしれません。
肌のほてりが冷めてきたら、化粧水で保湿をしましょう。

肌が日焼けで水分不足になっています。多めにつけましょう。

化粧水は、刺激の少ない(敏感肌用)が良いでしょう。

特に顔の場合は、美白化粧水、アルコールが入ってるものは、しみてしまうことがありますので、気をつけてください。

日焼け後の食べ物

日焼け後 食事 バナナ

日焼け後に食べるオススメの食べ物が「バナナ」です。

日焼けをしてしまった場合、内側と外側のケアが必要です。

内側のケアには、抗酸化作用のある栄養素を摂ることが効果的です。

バナナには、抗酸化成分が多く含まれいて、特に皮と実の間にある「白い筋」に多く含まれています。

まとめ

最近の温暖化により紫外線もさらに強くなり、油断するとすぐ日焼けをしてしまいます。

日々の日焼け対策をしっかりしましょう。

紫外線は雨でも受けます。

最近は、内側からの日焼け対策として、飲む日焼け止めサプリも注目されています。

また、食べ物でも日焼け対策ができます。

日焼け後は、スキンケア・食べ物で内側・外側のケアをしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル 大
レクタングル 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする