紫外線とは?その種類と違いは?予防する食事と対策グッズまとめ

紫外線アレルギー 予防 対策 グッズ 種類

紫外線は、1年を通して降ってます。

地上に降りる種類は、UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)があり、
使用する日焼け止めも違います。

紫外線を予防する食べ物・食事、対策グッズをまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル 大

紫外線とは?種類について

紫外線(UV)には、3種類の波長の異なるものがあります。

・UVA(紫外線A波)

・UVB(紫外線B波)

・UVC(紫外線c波)です。

このうち、UVCはオゾン層で吸収され地上には、届かないので、
肌への直接の影響はありません。

私達の肌にダメージを与えるのが、UVAとUVBです。

特にUVAが光老化の大きな原因となってます。

UVA(紫外線A波)について

UVA(紫外線A波)は、全紫外線の約95%を占めています。

それ自体は弱いエネルギーですが、照射量が多くて、浸透力が
高く、肌に多くの影響を与えます。

肌の奥の真皮層にまで達すると考えれられています。

赤みや炎症が起きにくく、気がつかないうちに日焼けしています。

そのため、シミ・シワ・たるみなどの老化現象を起こすと考えられています。

UVB(紫外線B波)について

UVB(紫外線B波)は、全紫外線の約5%です。

波長が短く、主に肌の表面で吸収されます。

肌の真皮層まで届くことはほとんどありません。

エネルギーは、UVA(紫外線A波)より強いため、表皮に影響を与えます。

細胞を損傷して火傷のように赤くなったり(日焼け)します。

メラニン色素が沈着して褐色になり、シミ、そばかすの原因になります。

1年間・1日の紫外線量は?

・UVA(紫外線A波)は、1年間を通して紫外線があります。

4~8月がピークで、それ以外の月もピーク時の1/2以上の量があります。

1日における紫外線の量は、1日中 注意が必要です。

朝から少しずつ増え続け、正午前後がピークです。

夕方になってもあまり減りません。

日焼け止めは、「PA」が表示されているものを使用しましょう。

UVAが引き起こすシミ、シワ、たるみなどの光老化から肌を守る効果があります。

の表示が多くなるほど、効果が高くなりますが、肌への負担も強くなるので、
気をつけましょう。

・UVB(紫外線B波)は、1年間を通じて差が激しいです。

5~8月がピークで、10月~3月までは比較的少ないです。

1日における紫外線の量は、午前10時~午後4時までの間が多い時間帯です。

特に正午頃がピークです。

日焼け止めではなく、袖のある服を着る、帽子や日傘など、強い日差しから
肌を守るようにしましょう。

日焼け止めは、「SPF」が表示されているものを使用しましょう。

UVBが引き起こす日焼けなどのダメージから肌を守る効果があります。

数値が高くなるほど、効果が高くなりますが、肌への負担も強くなるので、
気をつけましょう。

天候、場所による紫外線の量について

紫外線は、晴れの日だけではありません。

曇りや雨の日でも降ってます。

曇り日は、晴れの日の約90%の紫外線があります。

しっかり紫外線対策をしましょう。

また、上から降るだけでなく、壁、地面から当たって反射もします。

コンクリート、砂は、土よりも多く反射します。

特に海や、雪面の紫外線の反射量は多いです。

紫外線を予防する食事・食べ物について

紫外線 対策 予防 食事

紫外線を予防するには、免疫力の強い身体づくりを心がけることが大切です。

食事・睡眠・ストレスを溜め込まないことを見直しましょう。

食事は、主食である炭水化物、ビタミン豊富な緑黄色野菜、タンパク質の肉・魚・卵、豆腐などをバランス良く摂ることを心がけましょう。

また、「外で過ごすことが多い」「以前より、紫外線を浴びている量が多い」などと、
思う方は、抗酸化作用の高い食品を摂りましょう。

栄養素は、ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチンなどです。

緑黄色野菜、柑橘系、玄米、ごま、大豆、みかん、レモン、いちごなどの食べ物に含まれています。

飲み物では、緑茶、紅茶です。

オリーブオイルも抗酸化作用があります。

身体の内側からも紫外線対策に取り組みましょう。

紫外線を予防する対策グッズ

紫外線の対策グッズ

・帽子

・サングラス

・フェイスマスク

・マスク

・アームカバー

・手袋

・パーカー

・カーディガン

などがあります。

楽天の各ランキングをまとめました。

参考にしてみてください。
【頭】
・帽子

【目】

・サングラス

【顔】

・フェイスマスク

・マスク

【腕】

・アームカバー

・手袋

【体】

・パーカー

・カーディガン


お気に入りを見つけて、紫外線対策してください。

まとめ

紫外線は、1年を通して降ってきます。

地上に降りる種類として、UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)があります。

UVA(紫外線A波)は、シミ、シワ、たるみなど、光老化の原因になります。

UVB(紫外線B波)は、メラニン色素が沈着してシミ、そばかすの原因になります。

それぞれ、紫外線を予防する日焼け止めも違います。

紫外線は予防する食事・対策グッズなどで内側・外側からケアすることが大切です。

こちらも合わせてお読みください。

紫外線・日光アレルギーの症状とは?予防と対策まとめ

スポンサーリンク
レクタングル 大
レクタングル 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする